<JCAPI活動>多摩川精機株式会社訪問

5月12日、長野県飯田市に本社を置く多摩川精機株式会社を訪問しました。
多摩川精機株式会社は、1938年に東京蒲田に創立され、その後農業中心の郷里の発展はスイスのように精密機械工業の導入振興しかないことを確信し、1942年飯田市に飯田工場を開設されています。
多摩川精機株式会社は、飯田工場の開設当初から航空機装備品を生産している老舗の製造メーカです。

多摩川精機株式会社は、2008年には信州大学大学院工学系研究科にモバイル制御講座(多摩川精機・萩本寄附講座)を設置し衛星開発の技術を蓄積するなど学生育成に尽力されています。
また、2017年春から飯田市に信州大学大学院のキャンパスを設け、地元企業と共同で航空機システムの研究講座を設置されるなど、航空人材育成のために産官学に金融機関を加え、航空機分野を地域の産業振興の柱に育てることを目指して日々汗を流されている地方創成のリーディングカンパニーです。

JCAPIは多摩川精機株式会社の挑戦を応援しています!

image10多摩川精機株式会社正門前

image9意見交換 中央左 常務取締役 熊谷様

今回の意見交換をご調整いただきました、株式会社マツイ取締役松井様ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください